LINE、大株主は韓国人、役員も韓国人・韓国政府はLINEを傍受し情報収集・赤字でも日米上場

関連記事で確認できる通りLINEは危険である。 公共の秩序を乱す為
に株式上場に規定に違反している。 証券取引等監視委員会にLINE上場
の撤回を要請しよう。

▲戻る 次へ▼

  LINEは、韓国企業の100%子会社、役員の多くも韓国人韓国政府・国家情報院(旧KCIA)
は、韓国企業「LINE」を傍受し、情報収集・保管・分析を行っている。
(韓国政府が認めている。韓国には通信の秘密を守る法律がない。)

そもそも無料通話・メールアプリ「LINE」は、韓国企業「ネイバー」の100%子会社なのだ
から、その時点で「LINE」も韓国企業なのだ!
本来LINEは完全なる韓国企業だが、役員に日本人や在日韓国人を紛れ込ませてまるで日本
企業のように偽装している。
それでも、LINEに出資している100%近い大株主が韓国企業「ネイバー」であり、その
他株主も大半が韓国人なので、LINEが韓国企業であることは明白だ。
【関連情報】
証券取引等監視委員会
【情報・通信の掲示板】LINEと殺人で検索すると1年間に
こんなに多くの事件が発生

http://www.aixin.jp/axbbs/jht/jht.cgi
詳細は
【正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現】 LINE、大株主は韓国人、役員も韓国
人・韓国政府はLINEを傍受し情報収集・赤字でも日米上場

 関連記事で確認できる通りLINEは危険である。 公共の秩序を乱す為に株式上場に規定に
違反している。 証券取引等監視委員会にLINE上場の撤回を要請しよう。