政府は谷内正太郎国家安全保障局長らをシンガポールに派遣した。


 南朝鮮諜報機関(旧KCIA)に関係している創価学会幹部を初代国家安全保障局長に
している安倍自民創価学会公明党内閣(国)が日本国の安全よりも創価学会の体制維持を
優先している。
【関連情報】 【Web検索システム 谷内正太郎】
 
詳細は【経済・政治の掲示板】最新版をカチッとね。

▲戻る 次へ▼

   日本政府は米朝首脳会談の情報を現地で集めるため、谷内正太郎国家安全
保障局長らをシンガポールに派遣した。
10日、谷内(ヤチ)氏と金杉憲治外務省アジア大洋州局長がシンガポールに向かった。
現地では北朝鮮代表団と接触を図る。

谷内氏はトランプ米大統領に同行するボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)と緊密に
情報や意見交換を行う狙いだ。
【関連情報】
【Web検索システム 谷内正太郎】
詳細は【リンク先】をカッチとね
南朝鮮諜報機関(旧KCIA)に関係している創価学会幹部を初代国家安全保障局長に任命して
いる安倍自民創価学会公明党内閣(国)が日本国の安全よりも創価学会の体制維持を優先している。
 米朝首脳会談で創価学会の日本人社会の破壊活動の様々な証拠が露呈してくる。
 唐突な天皇皇后両陛下福島訪問のニュースも米朝首脳会談に関する日本国民の関心を逸らす為
のスピン対策である。 反日皇室を支配している創価学会が安倍、麻生共々、日本国民の怒り奔
流に突き崩されて殲滅させられる。