忘却からの帰還1945年8月12日の"genzai bakudan"


 アインシュタイン博士の証言によれば原爆は飛行機では運べない(飛行機には搭載できない)との事。
 大日本帝国軍は広島と長崎で原爆が爆発した頃に既に核実験に成功していたのである。

詳細は
衝撃的な天皇による終戦工作の人工地震と世界初の日本製広島原爆地上起爆成功
と北朝鮮でのチッソの原爆開発
:アトランタ紙の記事より

満州国と大東亜戦争の経緯
原爆を運んだ米軍艦
「原爆投下はやむを得なかった。」(先帝陛下昭和天皇の話し)

▲戻る 次へ▼

  終戦前に、日本は原爆を開発し、実験に成功した。

この情報を私は、日本敗戦前に興南プロジェクト(Konan Project)の防諜の任にあったという
日本軍将校から得た。 彼は日本の原爆プロジェクトの名称と日付と事実と図面を私に手渡した。
これを私はソウルの米国陸軍情報部に送った。 米国陸軍省はこの情報の大半を保持している。
私に情報を提供した人物を保護、及び陸軍からの要請により、彼を偽名、Tsetusuo Wakabayashi
大尉と呼ぶことにする。

詳細は
【忘却からの帰還】1945年8月12日の(genzai bakudan)をカチッとね。
【関連情報】
【皇室関係の掲示板】

アインシュタイン博士の証言によれば原爆は飛行機では運べない(飛行機には搭載できない)
との事。 大日本帝国軍は広島と長崎で原爆が爆発した頃に既に核実験に成功していたのである。
 その為に日本は大東亜戦争の終戦を急ぐ必要があったのである。

原子爆弾を運んだと言われる米軍パイロットの証言によると、広島で新型爆弾が爆発
するので上空の気象の調査、サンプルの採集を命令されて実行した。
 パイロットはこの飛行機は気象調査専用機と証言している。  爆弾は搭載していない。
 アインシュタイン博士の証言の通り原爆は空輸されていない。  地上起爆であった証拠の一つ。