世界的に広がているニュースです栗原敏勝氏の自殺(中文和訳) 。


反日売国テレビ局・マスコミが報道しない自由を行使して視聴者に真相を伝えないニュースです。
  家庭内の不幸を食い物にするカルト教団が旦那の退職金まで騙し取る。
  カルト教団の仕切る裁判所の不条理な離婚訴訟判決の全財産没収に抗議した自爆事件を
 詳細は【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版をカチッとね。

▲戻る 次へ▼

 退職自衛官が思いつめて自殺、日本の公園で連続爆破で1人死亡、3人負傷。
 日本栃木県中部の宇都宮市で72歳の退職自衛官栗原敏勝氏が23日、家庭のトラブルで最初に
自分の住宅を燃やして、それから付近の公園で自分の車を爆破して爆死した。 
  この自爆事件で3人の通行人が被害にあった。  それぞれ重軽傷を負った。
 警察は栗原氏の遺体の靴下の中に「死を以て補償を訴える」と記した遺書を発見した。
 裁判所の離婚判決に抗議して「死を以て補償を訴える」
 日本のマスコミ報道によると、現地時間23日昼の11時35分頃、宇都宮消防署に入った事件で市中心
部の宇都宮城跡公園付近で複数回の大きな爆発音がした。 その後に警察が公園内で爆発で粉々
に成った死体を発見した。 その他に3人の被害者がでた。 その内の64歳と58歳の男性が骨折、頭部
出血の重症。 14歳の中学生が足に軽傷を負った。 
公園から200メートルの所のコイン・パーキングで爆発音と同時に火災が発生して3台の車両が焼けた。
 幸いに通行人に危害は及ばなかった。 警察の初めの調査で、公園内の死亡者は中学を退職した
前陸上自衛官栗原敏勝だった。 栗原氏は1999年に退職した、最後の仕事は陸上自衛隊航空学校宇
都宮分校で気象の教官を担当していた。
 警察を驚かしたのは、午前11時頃に公園から8キロメートルの所で1軒の住宅火災が発生して5部屋
が燃えた。 焼けた民家はまさに栗原氏の住宅だった。
 先に自宅を燃やして、それから公園に行き自爆して亡くなった。
 報道によると、栗原氏は5年前に妻と別居してからは1人住まいの生活をしていた。
 裁判所の判決で離婚が確定した。 今月の5日、彼は実名でYouTubeに動画をUPして裁判所
に対する不満を述べている。 そして、お金もない、住む所もない。
 すべてで負けた,私は社会に控訴するする、や自暴自棄の境地などの、絶望的な考えを述べて
いた。  ネット上の噂では、栗原氏の娘に精神障害がありたびたび刃物で人を傷つけたり、自分
を傷つけたりした。  妻は娘の治療の為にカルト教に入信した。  栗原氏の退職金のほとんどが
妻に持ち去られてカルト教団に献金された。
 夫婦間でこの事でけんかとなった、 栗原氏は数回妻に対して手を上げた。
 妻は最後に家庭内暴力を理由にして離婚を申請した。
 警察はこの自爆事件を殺人未遂事件として調査中。 この3っの爆発と火災の関連性を調べて
いる。 栗原氏の動機を調べている。
  反日売国テレビ局・マスコミが報道しない自由を行使して視聴者に真相を伝えないニュースです。
  家庭内の不幸を食い物にするカルト教団が旦那の退職金まで騙し取る。
  カルト教団の仕切る裁判所の不条理な離婚訴訟判決の全財産没収に抗議した自爆事件を
カルト教団が支配する反日売国テレビ局・マスコミが真相を隠蔽しているニュースです。
なぜこの様な事態に至ったのか真相を究明して「死を以て諌める」栗原敏勝氏の心情を
顕かにするべきである。